Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
崖の上のポニョ(☆ネタバレ注意☆)


上映時間 101分
製作国 日本 東宝
初公開年月 2008/07/19

監督: 宮崎駿
原作: 宮崎駿
脚本: 宮崎駿

声の出演: 山口智子 リサ
長嶋一茂 耕一
天海祐希 グランマンマーレ
所ジョージ フジモト
土井洋輝 宗介
奈良柚莉愛 ポニョ
柊瑠美 婦人
矢野顕子 ポニョのいもうと達
吉行和子 トキ
奈良岡朋子 ヨシエ

生まれてきてよかった。
JUGEMテーマ:映画


 ♪ポーニョ、ポーニョ、ポニョ・・・・

 少女と一緒に唄っているおじさん二人は、なんでも「まりちゃんず」の人たちなんだって??? 
 「まりちゃんず」て、なまえしか知らないけど。。。

 まぁ、もぉ、とてもしつこくテレビをつけると流れてて、いやがおうにも憶えてしまうフレーズ。

 海にいるはずないのに金魚、しかもでかい、しかもあんなことしたら死んじゃうだろう・・・でも映画がはじまってすぐに死ぬわけない・・・
 不思議なことが起こっても動じないおかあさん
 強くてたくましい女性っていうのが、監督の理想なのかもね、
 物語に出てくる男達は、奥さんの尻にひかれてる。

 観にいってない人に、こんな映画、と話したら、なんか壮大なストーリーだね、そんなのこどもみてわかるのかね、と言われ、ああ、そう言われればそうだ、なんたって、地球滅亡の危機が迫っているのだ。
 でも、そんなことテレビで言ってないわよね?
 いっちゃいけないのかしら?
 でもぜーんぜんそんな感じしなくて、映画館はもぉこどもたち(と、付き添いの親がいるから)で、混みこみだった。
 観客動員数○万人っていうのは、そうか、そういうことかと納得。

 今回はCGだけに頼らず、初心にかえったつもりで、一コマ一コマ手描きした、とテレビで監督が語ってらした。
 たしかに、魔女の宅急便でみた、写真のような街並みとは違ったあたたかい感じが広がっている。
 ・・・んだけど、どこかちょっとアンバランスな感じ。
 
 フジモトとグランマンマーレ夫婦のギャップも、
 なれ初めとかも気になる。
 そして、ラスト、あれぇ〜〜??
 なんかさ、エンディングにもういっこないの?
 なくていいの?
 歌が終わったあとで、
 魔女の宅急便みたく・・・

 どうも基準が「魔女の宅急便」にある(^^;

 映画がはじまって声の出演に「矢野顕子」って書いてあったので、一体どれ(誰、じゃなくて・・・)って、最後までわからなかった(^^;
 ちょっと考えればすぐに気づくだろうに・・・

 映画館の大画面で宮崎アニメを観るなんて!!
 私個人的には、初めてのことで、我ながらものすごく驚いている。
 なにしろ、昔は生理的にどーしてもダメだったのだ、
 小さいお子さんのいるお宅で、トトロとかみせらてとても困ったこともある。
 だけど、「魔女の宅急便」をビデオで見たら、これがものすごく好きになってしまって、DVDで「千と千尋」も「もののけ姫」も「ハウルの動く城」も観てしまった。(しかし、ハウルの声がキムタクというところがなんかヤだった(^^;、、蛇足)
 もうすっかり私も宮崎アニメファンの仲間入り?

2008 7.30
アニメ * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey