Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
空気人形


2009年 9.26公開
監督・脚本・編集:是枝裕和 

第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映
原作 業田良家の『ゴーダ哲学堂 空気人形』(小学館刊)。 

“心をもつことは、切ないことでした”

ペ・ドゥナ:空気人形・のぞみ 
ARATA:レンタルビデオ店員・純一 
板尾創路:人形の持ち主・秀雄 
高橋昌也:老人・敬一 
余貴美子:受付嬢・佳子 
岩松了:レンタルビデオ店長・鮫洲 
星野真里:過食症・美希 
寺島進:派出所警官・轟 
オダギリジョー:人形師・園田 
富司純子:未亡人・千代子 



第19回日本映画プロフェッショナル大賞(2009年) 主演女優賞:ペ・ドゥナ 

第19回東京スポーツ映画大賞(2009年) 主演女優賞:ペ・ドゥナ 

第24回高崎映画祭(2010年) 最優秀作品賞、
最優秀主演女優賞:ペ・ドゥナ、
最優秀主演男優賞:ARATA、
最優秀助演女優賞:星野真里、
最優秀助演男優賞:オダギリジョー 



ネタバレ注意。

これからDVDで観ようと思われている方は、ご了承のほど。







公開前に結構、TVで宣伝していた。
いいのか?!とも思った。
だって、空気人形・・・
ラブドールよぉ〜!!

数年前、秋葉原へ行って、そのお人形があるビルの一階ショーウィンドウに飾られていた
美少女のお人形(人間の等身大)を見たのを思い出した。

それは、アニメに描かれた美少女がそのまま人間の大きさになった感じ
だから決して、人間ではありえない、
もちろんDOLLなのだから人間ではないのだけど、美しさが不自然なのだ。

この映画の中で韓国の女優ペ・ドゥナ譲は、見事なまでにそのリアリティに欠ける
美少女を演じていた。

プロモーションの番組の中で監督もおっしゃっていたが、
彼女の美しさとたどたどしい日本語が人形ぽくていいと・・・。

最初は、人間ぽくなかったのがだんだん人間になっていくさまが良かった。
お人形だったから、持っている服が皆、コスプレで、
メイドの服も、ナース服もどれも超ミニだったり、透けていたり・・・
人間のそれとは違って、「お人形さんのお洋服」という感じ。
そこのところ、演出、美術、衣装が素晴しいなと思った。

あと、部屋の中でふわふわ浮いてしまうところが可愛かった。


えぐいこと?も書いておきましょう。

ああいうお人形さんにはエンがないので、
ああそうなのか、そういうつくりになっているのか・・・と・・・。

ことを終えた持ち主が1人、
「それ」をごしごし洗っているシーンがなんともいえなかった。
(夢から現実に戻されるような・・・。無表情の板尾さんの演技が良かった)
そして人形が、自分自身で泡一杯にして洗うシーンもまたなんともいえなかった。
かわいそうで・・・。

どういういきさつかは、省略してあるけど、親切と思っていたレンタルビデオ店長(岩松了)
が酷いやつだったのだ。


その他に心に残ったのは、人形が人形師(オダギリジョー)のところへ行くシーン。


あれ「ブレードランナー」へのオマージュよね?!

レプリカントが作者のもとへ行くシーン。
あの映画の中にもラブドールなレプリカントが出てきたし・・・。

台詞も似ていた。

レプリカントは辛いことをたくさん目にしてきた。
それを作者に語るシーン。


自分と同じ顔した人形が悲しそうな顔をして捨てられているのを、のぞみ(ペ・ドゥナ)が
観ていると、人形師が言う。

皆同じ顔に作ったはずなのに、ここに帰ってくる時は
皆違う顔して戻ってくる・・・。

この映画では、オダギリジョー扮する人形師が、人形に聞く。

みてきた世界はどうだったか

のぞみは、決して悪くなかったことを告げ、帰っていく。


しかし、本当の恋(?)に出会えたと思ったのも束の間、
その相手(ARATA)もまたアブノーマルだった。
(元の持ち主=板尾創路もアブノーマルと思う)

ARATAさん、「蛇にピアス」で変態な役だったけれど、
この映画でも、やはり変態でした。
最初のうちは、心の優しい青年かと思ったのですが・・・。

かなり長い映画なんですよね、
ちょっと最後のほうはだらだらとしていて
もう少し短くてもいいんじゃないかなぁと思いました。
途中まではいい感じのスピードで観れたのですが・・・。

それに有名な人々がたくさん出てきすぎ。(脇役なのに)


変態の恋人ですが、なぜあんなことになったのか
よくわからなかった。

自殺?
それとも人形が誤って殺したの?

人間は燃えるゴミ、と思う人形ならではの解釈がせつなかった。


そしてラストは・・・・

うーん・・・・

いいのでしょうかね??
あれで

原作を読んでないので、なんですが・・・


私は好きなラストではなかったなぁ・・・


2013 11月

JUGEMテーマ:映画
邦画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
チーム・バチスタの栄光


上映時間 120分
初公開年月 2008/02/09

監督: 中村義洋
出演:竹内結子 田口公子
  阿部寛 白鳥圭輔
  吉川晃司 桐生恭一
  池内博之 鳴海涼
  玉山鉄二 酒井利樹
  井川遥 大友直美
  田口浩正 羽場貴之
  田中直樹 氷室貢一郎
  佐野史郎 垣谷雄次
  野際陽子 藤原看護師
  平泉成 黒崎誠一郎
  國村隼 高階権太

 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。

 医療の知識など皆無の私、この映画で初めて「バチスタ手術」なるものを知った。
拡張型心筋症に対する手術で成功率60%といわれるたいへん難易度の高い手術。
ゴッドハンド、ブラック・ジャックの世界だわ。

 この難易の高い手術を成功させている医師がなぜか立て続けに術中死させてしまう。
 医療ミスか、故意か?

 内部調査を依頼されたのが、心療内科医の田口、そしてそこに厚生労働省から白鳥(阿部寛)がやってくる・・・

 阿部寛さんのお芝居は、ドラマは「トリック」、映画の「はいからさんが通る」と「人でなしの恋」「トリック」「魍魎の箱」しか観たことないのだけど、どうしても私の中からはトリックの上田さんが消えない。
 なので、この映画で破天荒ぶりを繰り広げる白鳥はトリックの上田教授とかぶる。
 それが面白いんだけどね。
 一方、田口を演じる竹内結子さんは、「凍りついた夏」(だったかな?何年も前のテレビドラマ)の印象がずっと残っている。いじめられっこの美少女役。
 その美少女が、すっかり大人の女性になったなーって印象(今の方が美しくなったっていう人の方が多いけど、私は結婚当初の頃が好きだったなぁ)。

 心療内科医はほんと大変!!かわいそう、こっちが病気になりそう・・・で、最後にはキレちゃうんだけど、患者さんたちがフォローしてくれるのが救われてる。

 なんだか本題とずれてるか・・・
でも、言っちゃったら、ネタバレですから、

この先、ネタバレ注意


犯人は誰か、ですから・・・
そう、これは事故ではない、あきらかに殺人・・・・
それぞれに怪しい人物達・・・

ラスト部分はちょっと長すぎ、もすこし短くてもよかったかな
エンディングの曲はいらない。全然作品と合ってないと思った。
 家帰って、ニュースみたら、ああ、あったなーって事件の裁判のことがやっていて
なんだかリアルタイムだわー
急変のM。

 どうしても監督の他の作品が気になってしまう。
 中村義洋監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」を撮った方。これ観たかったのに、観過ごしてしまった映画・・・残念。

2008.2.27

JUGEMテーマ:映画
邦画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
魍魎の匣


魍魎の匣

133分
2007年 12月21日
監督 脚本:原田眞人
出演:堤真一 :中禅寺秋彦(京極堂) 
阿部寛 :榎木津礼二郎  
椎名桔平:関口巽
宮迫博之 :木場修太郎  
田中麗奈 :中禅寺敦子
黒木瞳 :柚木陽子  
マギー :鳥口守彦
堀部圭亮 :青木文蔵  
荒川良々:安和寅吉  
笹野高史 :今出川欣一  
大森博史 :寺田兵衛
大沢樹生 :増岡則之
右近健一:雨宮典匡
寺島咲   :柚木加菜子  
谷村美月 :楠本頼子
清水美砂 :中禅寺千鶴子
篠原涼子:関口雪絵
宮藤官九郎 :久保竣公
柄本明 :美馬坂幸四郎  他

 原作は、京極夏彦。500万部を超えるという超ベストセラー。
 キャスティングがとっても豪華な映画。
主演級の俳優陣がごっそり出てくる。黒木瞳さんがとってもきれい。田中麗奈ちゃんが可愛い。
菅藤官九郎さんがおいしい役。
大人計画の役者さんは他にも出ていて、劇団☆新感線からは、右近健一さんがこれまたおいしい役。
演劇ファンにとってそういうの密かな愉しみw

 内容については、戦争が引き起こした悲劇?たぶん本当の戦争はもっともっと地獄だったのだろうなと思う。
 要所、要所、美しい風景がたくさん出てくるのだけど、そこが日本ではなく中国なのがちょっと残念。
かつての日本はあんなに美しかったのかしら・・・
 血みどろで、謎で、私の趣味で、わくわくドキドキしたのだけれど、難を言わせていただくなら、途中から先が見えてきてしまったのと、以前こういうのみたことあるわ・・・お芝居で(実際、柄本明さん扮する美馬坂幸四郎のような博士が出てきて愛娘を生かすというお芝居)と思ったことと、エンディングの曲はいらなかったかな?(映画とは関係ない気がして、なぜ流すのかわからなかった。なんだかいかにもとってつけたような気が・・・)
 でも面白かった。観てよかった。

2007 12.26

オフィシャル・サイト
http://www.mouryou.jp/


JUGEMテーマ:映画
邦画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
TRICK劇場版2


http://www.trick2.jp

6月10日(土)東宝系ば〜んと大公開

監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵 阿部 寛 生瀬勝久 野際陽子 ほか
(C)2006 「トリック劇場版2」製作委員会

 "濃ゆる〜い"独自の世界観

 宣伝文句で自ら言ってるとおり
上田さんと山田さんのおとぼけぶりがとっても良い
あの二人の関係が好き
漫画でたとえるなら、青池保子先生のエロイカ伯爵とエーベルバッハ少佐みたい!?(私見、、)
ほんとは愛し合っているくせに、お互い意地張って言わないの。

 いや、しかし、ゆ〜とぴあ は、ちょっとどうなんでしょう?
年代的にわからない人もいると思うんだけど・・・?
 実際、私、本人が出てきたのにすぐにわからなかったし
「よろしくねっ!!」も、記憶が薄れていたわ・・・

 やっぱり私はTV版のが好きかなぁ・・・
 第一弾で橋本さとしさんがゲスト出演の回の、
それと第二弾で毛むくじゃらの手で♪あなたも狼に変わりますか〜と歌っていた石野真子さん、「椎名桔平・・・」で涙する奈緒子さん、良かったわー
あと、名取裕子さんがゲストの時に出てきた不気味な人形を可愛いと言うセンスも。
 そしてラスト、おかあさんである里美さんが最後に上田さんと娘に書をたくす、
あれ好きだわー(野際陽子さんてどんな役やってもはまる〜!!)
おかーさんも、書を渡された後の二人の反応、行動もセットで好き!!
邦画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
かもめ食堂


http://www.kamome-movie.com/

2005年 日本
監督・脚本:荻上直子
出演:小林聡美
   片桐はいり
   もたいまさこ
   マルック・ペルトラ
   ヤルッコ・ニエミ


 明日、世界が終わるなら、何をする?
・・・私は・・・何するだろう??

 フィンランドの美しい空、自然、街並み、小林聡美さんの凛とした美しさ、お料理を作る手際のよさ、可愛い服、エプロン、白とブルーの清々とした食堂・・・
 彼女がそこでかいがいしく働いている姿を観ただけで、涙が出てしまった。(泣くところではないと思う)

 小林聡美さん演じる主人公サチエが始めたおにぎりがメインメニューである食堂は、一ヶ月経ってもお客さんは一人も来ない、それでも彼女はあせらない、なるようになる、そして人はかわってゆくのだと語る・・・

 食堂がお客さんでいっぱいになりました と小さくつぶやくサチエの周囲から拍手が起こる、そのシーンでまた涙(ここは泣いてもいいとこだと思う)

 他にも泣けてしまうシーンがいくつもあった。

共演の片桐はいりさん、もたいまさこさんも大好きな役者さんで、ほんとにいい味を出していた。
 片桐はいりさんは、お芝居の中では、常人という感じではない人を演じることが多いように思っていたけれど、この映画(ミドリ)では、とても可愛い女の人という印象。
 もたいまさこさん演じるマサコは、言葉なんてわからなくても心で通じてしまう、という才能の持ち主。もたいさんが演じるとすごく説得力があった。
 エアギター選手権テレビで観て面白そうと思った、私出てみようかしら・・・というセリフも!!(昔、ジミヘンに扮したCMやってらしたし!!)

 映画を観たあとは、いつも何か食べたくなって、たいていパスタを食べてしまうのだけど、この映画を観終わった後は鮭の塩焼きを真っ白い洋食器にサラダと一緒に盛り、レモンをぎゅっと絞って、白いご飯と共にいただきたい、と思った。
 それからいつもは紅茶が好きだけど、美味しいコーヒーが飲みたい、できることなら映画に出てくる幻のコーヒーを飲んでみたい!!
 いくつもある行ってみたい国の中で、オーロラ、白夜の国・・・というのがある、でそこに浮かぶのはスゥエーデンだった。
 でも、この映画を観たら、フィンランドもいいなぁーと思った。

----------------------------

 この映画の監督さん「バーバー吉野」撮った方だったのね、
 失敗した!これ観る前にみとくんだったなー、もたいさん出てたし

----------------------------

 映画パンフレットが可愛いし、しゃれてるし、中身も充実している。
 買い です(^^)
(最近のパンフレットってなんか中身うすいから、ずっと買ってなかったんだけど、この映画のは違う)
邦画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
THE 有頂天ホテル


期間限定 THE 有頂天ホテル(焼き菓子詰め合わせ)
@パティスリー クイーンアリス


THE 有頂天ホテル
公開日: 2006年1月14日
監督:三谷幸喜
役所広司 唐沢寿明 佐藤浩市 西田敏行 オダギリジョー 伊藤四朗 角野卓造 松たか子 原田美枝子 YOU 他 

 彼らに幸せな新年はやってくるのか?!
とにかく面白かった。
 デヴィッド・リンチ監督の「ツインピークス」を思い出させる個性豊かな登場人物たち。誰もがどこか何か問題やら事情やら抱えていて、でも誰もが愛に溢れていていい人たち。笑えて、最後にちょっぴり泣けて、心があったかくなる。
 誰にでもおすすめできる作品!!(私の趣味は偏ってるので・・(^^;)
行こうかどうしようか、映画観たいけど何がいいか、迷ってる人がいたら、絶対行くべし!!
 長回しにこだわる監督に泣かされた出演者は多数。でもその長回しが画面全体に緊張感を生み、「一丸となって」という言葉ぴったりの作品に仕上がっているのだと思う。
 年末に観て新年迎えたいような映画だけど、舞台挨拶で監督は「ロングランねらって今年の暮れまでも!」なんて冗談交じりの本気?本気交じりの冗談?を語ってらした。本当にそうなったら素敵だ。

 すでに過去の三谷作品を観てる人ならすぐわかるし、笑えるネタ、 昔の三谷幸喜脚本のドラマ観てた人に懐かしいネタもあり。
後姿にも遊びがあり。(ああいうのを外国ではカメオっていうんだそうな、「ラヂオの時間」や「みんなのいえ」にもあったけど)エンドロールにも注目。劇中、伊藤四朗さん扮する支配人まで迷うホテル内をちょこちょこと歩き回るダブダブの声は・・・。
 最も高いスイートが佐藤浩市さん演じる汚職国会議員、武藤田勝利が身を隠すお部屋で50万ほどの設定だったかな?
 客室係の松たか子さんに「いい死に方しないわね」と言わしめたほどの散らかり放題の麻生久美子さんのお部屋(37万ほど)は、赤を貴重にロココな雰囲気。女性出演者から支持率No.1だったとか。
 劇場公開直前、テレビ(地上波フジTV)でメイキングを放送してたけど、あれ、映画館で本編が終わったあとに上映すればいいのにーと思った。(見たくない人は帰ればいいんだし・・)
 登場人物のプロフィルとか人脈図とかHOTEL AVANTI自体のメイキングとか見取り図とか各スゥイートの名前と内装詳細とか宿泊料金とか・・・・へぇぇーそうだったのかー!って観た後、面白さ倍増だと思うんだけど・・・。
(DVD買うとついてきそう・・・?)


------------------------------------------



HOTEL AVANTI

 戦後、日本が復興への階段を上り始めた1951年HOTEL AVANTIは誕生しました。
イタリア語で「どうぞ/進め」の意味を持つこのホテルは、「世界に通ずる“おもてなし”のこころと優雅な空間との贅沢な出会い」をモットーに、時代の少し先を行くホテルとして高い信頼を築いてきました。
ヨーロピアンクラシックな佇まい、最高級の北欧家具で統一された客室は、当時、大きな話題を呼びました。

 1995年、別館を取り壊し、新しいロイヤルホテルの粋を追求した現在の新館が完成。
7つのバンケットホール
室内プールを併設したヘルスクラブ
高いロイヤリティーを誇るスペシャルフロア
大都会を見下ろすチャペル
そして、ハリウッド映画「グランド・ホテル」の豪華キャストの名を冠した4つのグランド・スイートルーム。
2000年にはイギリスのROYAL誌が発表する「The Best Hotel of The World」に選ばれ、ヨーロッパの有名ホテルに肩を並べる知名度を獲得し、名実共に「世界のホテル」としての高いステータスを誇っています。

創立:1951年(昭和26年)3月12日
総客室数:354室/総従業員数:155人

http://www.uchoten.com/
邦画 * comments(0) * trackbacks(1) * かんな・Lacey