Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

<< プラダを着た悪魔 THE DEVIL WEARS PRADA : main : ナンバー23 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
バベル


143分
アメリカ
初公開年月 2007/04/28
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演: ブラッド・ピット/リチャード
ケイト・ブランシェット/ スーザン
ガエル・ガルシア・ベルナル/サンチャゴ
アドリアナ・バラーザ/アメリア
役所広司 /ヤスジロー
菊地凛子/ チエコ 他

 結婚式をあげるならメキシコがいいなぁーって思った。
 明るい太陽、陽気な音楽、明るくて陽気な人々、誰もが皆自分のことのように祝ってくれて、幸せそのもの、カロリーなんて気にしたら食べられないお料理の数々・・・

 悲観的でない感想は、以上です。

モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの場所で孤独な魂どうしが織りなす愛と哀しみ、再生への希望の物語が同時並行で鮮やかに綴られていく
 という映画。
 自分の言葉でこうも簡潔に書けない。
 なんたって、バベルって何?なんでバベルなの?旧約聖書ちゃんと読まなきゃわかんない・・・って私。
 そりゃバベルの塔が旧約聖書の「創世記」中に登場する伝説上の塔だということは知っている。だけど、なんでこの映画がそのバベルなの??
 そう疑問を投げかけた私に「天にまで届く塔を建設しようとしたけれど崩れてしまった、人間は神には近づけない、神にはなれないという意味、かな?」と友人。
 なるほど。イカロスの翼みたいなものか・・・ちょっと違うか??

 菊地凛子さんが賞取りレースを賑わせ、それはもうメディアが騒いだのなんの・・・あのブラピも大絶賛!!ゴールデングローブ賞、アカデミー賞、助演女優賞受賞か?!・・・と、まるでほぼ決まりか?!の勢い。
 ノミネートはされたものの残念な結果となった。
 うーん、でも実際観てみたら、これで助演女優賞受賞したらヘンでしょう、って感じだった。
 それほど素晴らしい演技だったとは思えない。体当たりの演技ではあるけれど。今の日本ではまだタブーと思われる露出したからとれるってほど、ハリウッドは甘くないんじゃないかなぁ・・・。
 別に彼女のこと嫌いじゃないし、彼女のことを批判しているわけではない。
 インタビューで役作りのために体重を増やしたり、ろうあの人々と一緒にいたり、チエコに近づくべく努力をした、とキラキラした目で語ってらした。とても魅力的な女優さんだと思う。
 おばかさんみたくはしゃいでた日本のマスメディアがおかしいよ、って話。
 映画そのものもなんだか救われてない気がする
 これは、脚本や演出の問題なのかしら?? 
 ろうあである云々ではなく、発情期の女子高生?あんな??
 ストーリーにおいて救われたと思われるのは、アメリカと日本の家族だけ。
 それにしたってあんなことがないと絆が修復できないのか?あの夫婦(ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット)、あの家族(役所広司 、菊地凛子)。
 一番夫婦の絆を深めたのがおトイレ出来ない妻を援助する夫、って・・・ねたきりの妻あるいは夫を何年も介護している方々はどうなのだ、と思ってしまう。エゴのかたまりのような夫婦。ヤダヤダ。こどもがかわいそう。
 モロッコとメキシコの家族は悲劇!!ものすごい悲劇。
 メキシコ人のベビーシッターのおばさんなんか死にそうだったじゃないの、それに甥はどうなっちゃったの?!
 すごいいいひとたちなのに・・・。もとはといえばあのバ○夫婦のせいじゃないの?!
 そして、モロッコは行ってみたい憧れの地の一つなのだけど、あんなならゲンメツ。

 ちょーっとこれ、話題ばかり先走りすぎてしまった映画じゃないかしら・・・

オフィシャル・サイト
http://babel.gyao.jp/

JUGEMテーマ:映画
洋画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://kanna-l.jugem.jp/trackback/17
トラックバック