Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

<< 魍魎の匣 : main : スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
タロットカード殺人事件


上映時間 95分
イギリス/アメリカ
初公開年月 2007/10/27
監督: ウディ・アレン
出演: スカーレット・ヨハンソン /サンドラ・プランスキー
ヒュー・ジャックマン/ ピーター・ライモン
ウディ・アレン /シド・ウォーターマン
イアン・マクシェーン /ジョー・ストロンベル
チャールズ・ダンス /マルコム氏
ロモーラ・ガライ /ヴィヴィアン
フェネラ・ウールガー /ジェーン・クック
ジュリアン・グローヴァー/ ライモン卿
ヴィクトリア・ハミルトン /ヤン

恋の行方も、犯人も、
タロットカードだけが知っている…。


 久々のウディ・アレン作品。
 あいかわらずのキャラクターで登場したウディ・アレンは、ずいぶんおじいちゃんになっちゃったなーって印象。
 そりゃ、ま、そうだわね、私が最初に観た作品は「アニー・ホール」なのだけど、なんと30年前の作品だった!!
 それでも彼らしいウィットやアイロニーは健在。それが小気味いい。
 ヒロインのスカーレット・ヨハンセンが美しい。最初はなんだか垢抜けないおばかなおねーちゃんて感じだったけれど、スタイルは抜群だし、着ているものによってがらっと印象がかわる。きゅっとひとつに結んだ髪にドレス姿がとってもセレブな感じだったし、富豪のガーデンパーティに招かれた時のスカート姿は、お上品で清楚でいかにも英国の上流階級って感じ。お誕生日に小花模様にGジャン姿というのも可愛かったな。
 日本においての評価はそれほど高くなかったようだけど、なんで?
 ウディ・アレンの作品としての評価?
 誰が作ったとかなしで一映画としての評価?
 ミステリーとしての評価?
 ・・・わからないけれど、私にはとても楽しめた作品だった。

2008.1

オフィシャル・サイト
http://www.wisepolicy.com/scoop/

JUGEMテーマ:映画


洋画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://kanna-l.jugem.jp/trackback/21
トラックバック