Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

<< チーム・バチスタの栄光 : main : ライラの冒険 黄金の羅針盤 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
エリザベス:ELIZABETH: THE GOLDEN AGE


上映時間 114分
製作国 イギリス/フランス
初公開年月 2008/02/16

敵は、外にも中にも──
そして私の心にも。


出演: ケイト・ブランシェット・・・エリザベス女王1世
   ジェフリー・ラッシュ・・・フランシス・ウォルシンガム
   クライヴ・オーウェン・・・ウォルター・ローリー
   リス・エヴァンス・・・ロバート・レストン
   ジョルディ・モリャ・・・スペイン国王フェリペ2世
   アビー・コーニッシュ・・・ベス・スロックモートン
   サマンサ・モートン・・・スコットランド女王メアリー
   トム・ホランダー
   エディ・レッドメイン
   アダム・ゴドリー

 なんかこれ昔やったよね?ディレクターズカット版とかそーゆーの?!・・・と
思わず考えてしまった。
うーん、違いがよくわからない。
やはり同じ人=ケイト・ブランシェットだし、
ヴァージン・クイーン25歳だし・・・

 腹違いの姉がいて、それはメアリーで、エリザベスは彼女によってロンドン塔に幽閉されていて・・・というのが1998年公開のエリザベス(もう10年も前の作品なのか!!)
ゴールデンエイジの方はメアリーが幽閉されている・・・
 続編らしい。
うーん、イングランド史をちゃんと知らないとよくわからないわ、
 誰がどうして裏切ったのか、 密書のやりとりをするのだけど、
メアリーが捕らえられたところがよくわからなかった・・・というか
ついていけなかった(^^;

◆プロテスタントかカトリックか・・・って宗教のからんだ戦い。
いつも地下の薄暗いところで赤い布洗濯している(染めている?)カトリックが
暗くて、邪宗のように描かれていて、ちょっとダヴィンチ・コードに出てきた
変わった宗派を思い出した。

◆拷問の様が残酷。
いや、しかし、かつてこーゆーことが行なわれていたわけよね、
ちゃんと拷問器具が残ってるんだから。
公開絞首刑や首切りもやだなー・・・

◆ケイト・ブランシェットの誇らしく気高い女王が見事。
だけど、かわいそう。
皆にヴァージン、ヴァージンて言われて
好きになった人とも頼んでキスしてもらった以外何もなく、
召使にとられてしまうし・・・

◆イングランド海軍vsスペイン無敵艦隊の壮絶バトルは圧巻。

2008.2.27

JUGEMテーマ:映画
洋画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://kanna-l.jugem.jp/trackback/24
トラックバック