Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

<< 今後のラインナップ : main : マイ・ブルーベリー・ナイツ MY BLUEBERRY NIGHTS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
ラスト、コーション


ラスト、コーション(2007)
LUST, CAUTION
色・戒

上映時間 158分
製作国 中国/アメリカ
初公開年月 2008 2.2

監督: アン・リー
製作: ビル・コン アン・リー ジェームズ・シェイマス
原作: チャン・アイリン
『ラスト、コーション 色・戒』(『アイリーン・チャン短編集』所収)

ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞

出演: トニー・レオン・・・イー
タン・ウェイ・・・ワン・チアチー(マイ夫人)
ワン・リーホン・・・クァン・ユイミン
ジョアン・チェン・・・イー夫人
トゥオ・ツォン・・・ホァ ウー
チュウ・チーイン・・・ライ・シュウチン
チン・ガーロウ・・・ツァオ
クー・ユールン・・・リャン・ルンション
ガオ・インシュアン・・・ホァン・レイ
ジョンソン・イェン・・・オウヤン・リンウェン(マイ氏)

その愛は、許されるのか?

1942年、日本軍占領下の上海と香港が舞台・・・
それだけで浪漫・・・
私の中では寺山修司氏の描く世界と混同してしまう
(「上海異人娼館」とか浮かんでしまう・・・)

 暗く重くのしかかる戦争。
当然、ここでは日本は憎まれているわけで、抗日運動をしている登場人物たちの台詞がグサグサくる。
ヒロインのワン・チアチー(タン・ウェイ)は、想いを寄せる人のために日本軍と手を組む祖国の裏切り者の男、イー(トニー・レオン)を暗殺すべく、色仕掛けで接近していく・・・映画を観る前は、007に描かれるボンドガールとか日本では「くのいち」みたいなものかななどと思ったのだけど、それは全くの間違いで、もっともっとスリリングなものだった。

 男と女の心理戦・・それは極限の愛。
「愛の嵐」や「ブルーヴェルヴェット」に描かれた倒錯の愛にも似ている。
それと、桐野夏生氏の小説「OUT」の中の主人公と彼女を執拗なまでに追う男との廃屋での性愛描写を思い出した。
本当は憎んでいるはずなのに、なぜかひかれる不可思議な現象。

 それにしても、愛国精神のためにまだヒロインはヴァージンだったのに、好きな人とではなくただの同志、しかも商売女しか知らない男とSEXの練習するの、かわいそうだと思った。
21世紀の今でも自爆テロを志願する若い人々がいっぱいいるからそれと大差ないのだろうか?
つくづく戦争がどんなに愚かで悲しいものかと思わされた。

 そこだけクローズアップされた過激なシーンだけれど、これはヒロインといつ暗殺されるかもしれない身の用心深い男との心理を描くのに大切なシーン。
心の葛藤は言葉では表せないから、視覚にしたらああなるのかも。
ヒロインがどういう思いで暗殺したい相手とからだを重ねているのか、同志のボスと想いを寄せている人に語るシーンがあるのだけれど、それを聞かされた男達は、「もういい」と言って聞くことを拒否する。
でも、聞けよ!って感じ。
彼女の思いがものすごくわかった。
もしかしたら女にしかわからないかも、なんて思ったりなんかして・・・。
監督は女性???
女性の気持ちがしっかり描かれているところがすごい!!と思った。

 158分という長い作品、
冒頭のつかみの部分から物語りは急に四年前・・・となる。
ああ、ここから四年さかのぼるわけね・・・
で、ヒロインたちの学生時代・・・
そして四年の歳月を経て、なおも続いていた祖国を裏切る者への復讐心。
(復讐じゃないか、なんていうの?)
 そしてまた冒頭部分へとつながる・・・
うーん・・・すごい・・・

 ああ、でもラストは・・・
あんな?
個人的にはもっと華々しいラストがよかったわ。
だけど、ああいうラストでないとだめなのかもね。

 だけど、なんのために毒薬、服にひそませてたのさー
皆、使わなかったじゃないのー!!

 驚いたことにヒロインのタン・ウェイって女優さんは新人らしいのね、
そう思わせない大胆な演技。
(中国の俳優知らないから知らないんだけれど)驚いた。
ナチュラルメイクだととても可愛らしいけれど、お化粧すると妖艶。
お尻が可愛かった。

 トニー・レオンは、「2046」に出てた人よね?
(あの映画でも綺麗な人とエッチしまくってたなー・・・)
・・・なんかちょっとふけちゃったわ、で、あんまりかっこよくない・・・
なんて思ってしまった(^^;

 そして、タイトルの「ラスト コーション」
このコーションは何にかかるの?
何を意味するのでしょう??
(コーションも色々意味あるしね)
(最後に「逃げて」と言ったところ?)・・・・

2008 3.26

JUGEMテーマ:映画
合作 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://kanna-l.jugem.jp/trackback/27
トラックバック