Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

<< 第九地区 : main : 櫻の園 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
下妻物語


製作年 2004年 
製作国 日本
配給 東宝 
上映時間102分 

監督 中島哲也 
脚色 中島哲也 
原作 嶽本野ばら 

宣伝コピー

”わたし根性ねじまがってまーす 
桃子とイチゴの、あまくない友情!?”


キャスト
竜ヶ崎桃子   深田恭子 
白百合イチゴ  土屋アンナ 
桃子の祖母   樹木希林
桃子の父 宮迫博之 
桃子の母 篠原涼子 
一角獣 阿部サダヲ 
パチンコの店長 生瀬勝久 

小池栄子、矢沢心、まちゃまちゃ

キャストが豪華。

 樹木希林さんは、どの映画に出ていてもすごくおいしい役だなぁと思う。
それが、あってるから、全然そこには文句ないんだけど、
作る側がそこにたよってはしない?・・・樹木希林さん出せばいいい、みたいな・・・
と、ちょっと感じてしまった。

なにより感動したのは、桃子がネズミにかじられて?穴があいてしまった
お気に入りのボンネットを、リメイクするところ。
穴があいたところをぜーんぶハート型にして刺繍をほどこすの。
すごーく良かった。。
お洋服をとってもとっても愛してる、大事にしている、というのが溢れていて
感動した。
ただロリータファッション好きなだけではないところ。

そして、アンナちゃんよりも全然根性ある役!

深キョンて、私苦手で、
だからこも映画もぜーんぜん観る気しなかったのよねぇ

でも、とにかく深キョンは可愛くて
アンナちゃんは、おばかなヤンキーを演じてる。

刺繍の腕を逆手に、ラスト、
ものすごくかっこいいの。
深キョンて、もともと釣り目でこわい目してると思うの。
水浸しになって
メイクもとれて、
キレて、ヤンキーになるの、
本来、彼女の真の姿はここにあるんじゃないかと・・・。

むかーしのアメリカ映画と被った。
「タイムズスクエア」って、NYが舞台の女の子二人のものがたり。
そこに友情が芽生えたかどうかよくわからないけれど、
お嬢様と不良娘の話。
(この映画では、お金のために、お嬢様役のコが、ストリップ劇場で
ルー・リードの曲(ワイルドサイドを歩け)で踊るシーンがあるんだけど
そのシーンが私はすごく良かったと思っている)
 やはり、ラストは、不良少女よりも、全然根性あるんだわ、お嬢様の方が。
こっちの映画のラストは、なんだかなぁーって感じだったけれど、
「下妻物語」は、期待裏切られないラストですごくよかった!

誰にでもオススメできる映画だと思う。



  
- * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://kanna-l.jugem.jp/trackback/35
トラックバック