Dazzle room -幻惑の世界とその住人たち-
映画に関するあれこれ
☆ネタバレ注意!!

<< プロデューサーズ : main : ブロークン・フラワーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
かもめ食堂


http://www.kamome-movie.com/

2005年 日本
監督・脚本:荻上直子
出演:小林聡美
   片桐はいり
   もたいまさこ
   マルック・ペルトラ
   ヤルッコ・ニエミ


 明日、世界が終わるなら、何をする?
・・・私は・・・何するだろう??

 フィンランドの美しい空、自然、街並み、小林聡美さんの凛とした美しさ、お料理を作る手際のよさ、可愛い服、エプロン、白とブルーの清々とした食堂・・・
 彼女がそこでかいがいしく働いている姿を観ただけで、涙が出てしまった。(泣くところではないと思う)

 小林聡美さん演じる主人公サチエが始めたおにぎりがメインメニューである食堂は、一ヶ月経ってもお客さんは一人も来ない、それでも彼女はあせらない、なるようになる、そして人はかわってゆくのだと語る・・・

 食堂がお客さんでいっぱいになりました と小さくつぶやくサチエの周囲から拍手が起こる、そのシーンでまた涙(ここは泣いてもいいとこだと思う)

 他にも泣けてしまうシーンがいくつもあった。

共演の片桐はいりさん、もたいまさこさんも大好きな役者さんで、ほんとにいい味を出していた。
 片桐はいりさんは、お芝居の中では、常人という感じではない人を演じることが多いように思っていたけれど、この映画(ミドリ)では、とても可愛い女の人という印象。
 もたいまさこさん演じるマサコは、言葉なんてわからなくても心で通じてしまう、という才能の持ち主。もたいさんが演じるとすごく説得力があった。
 エアギター選手権テレビで観て面白そうと思った、私出てみようかしら・・・というセリフも!!(昔、ジミヘンに扮したCMやってらしたし!!)

 映画を観たあとは、いつも何か食べたくなって、たいていパスタを食べてしまうのだけど、この映画を観終わった後は鮭の塩焼きを真っ白い洋食器にサラダと一緒に盛り、レモンをぎゅっと絞って、白いご飯と共にいただきたい、と思った。
 それからいつもは紅茶が好きだけど、美味しいコーヒーが飲みたい、できることなら映画に出てくる幻のコーヒーを飲んでみたい!!
 いくつもある行ってみたい国の中で、オーロラ、白夜の国・・・というのがある、でそこに浮かぶのはスゥエーデンだった。
 でも、この映画を観たら、フィンランドもいいなぁーと思った。

----------------------------

 この映画の監督さん「バーバー吉野」撮った方だったのね、
 失敗した!これ観る前にみとくんだったなー、もたいさん出てたし

----------------------------

 映画パンフレットが可愛いし、しゃれてるし、中身も充実している。
 買い です(^^)
(最近のパンフレットってなんか中身うすいから、ずっと買ってなかったんだけど、この映画のは違う)
邦画 * comments(0) * trackbacks(0) * かんな・Lacey
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://kanna-l.jugem.jp/trackback/9
トラックバック